1. HOME>
  2. 採用情報>
  3. 社員インタビュー
  • 採用情報

社員インタビュー

社員インタビュー

お客さまが望んでいること+αをカタチにする。
お客さまが望んでいること+αをカタチにする。
オフィスリニューアル事業部 T.W.
お客さまが望んでいること+αをカタチにする。

ザックに入社した動機は何ですか?

ステップアップのために、今までとは異なる領域で力を試すためです。

前職では、店舗の施工管理をしていました。
ザックでは、大規模案件を多数手がけていて、早い段階からプロジェクトを任せてもらえるというのが入社を決めたポイントです。

また、商品がコンセプトの基となる店舗とは異なり、企業イメージやそこに働く人が、オフィスコンセプトの基になるというところにも興味を持ちました。

施工管理の難しさとやりがいは何ですか?

やりがいは、自分が中心的立場にたってプロジェクトを動かせるところ、難しさは、お客さまの要望と現場のバランスを上手くとっていくことです。

現場だけではなく、企画や提案から案件に関わり、すべての業務に携われることは、責任も感じますし、大きなやりがいになっています。
プロジェクトをスムーズに進行できるよう、お客さまと現場の架け橋になることが難しさでもあり、やりがいにもなっています。

仕事で心がけていることはありますか?

お客さまの立場にたつことはもちろん、お客さまが望んでいること+αをカタチにすることです。

お客さまのご要望を実現させるという意味では、デザインも設計も施工管理も同じです。
ただ、時には、デザイナーや設計の意向とコストが合わないことがあります。
そういった場合、ご要望を実現させるために、どうコスト調整を行なうかが腕の見せどころです。

また、たとえお客さまが要望したデザインであっても、 コストやメンテナンス性、そのデザインがもたらす効果などを包括的に考え、 お客さまにとって有益でないと判断した場合は率直にお話しするようにしています。

ザックで一番印象に残っている仕事はありますか?

入社して初めてプロジェクトリーダーとして携わった案件です。

通常であれば、空調・換気等の設備設計は、専門のパートナーに依頼をするのですが、低予算・短納期であったため、内装の設計だけでなく、設備設計まで全て社内で行ないました。

店舗の施工管理経験があったので、設備には詳しい方でしたが、プロジェクト全体をまとめるのに苦労しました。

さらに、お客さまの韓国拠点で、同時期に同物件の工事を行なっていたため、常に両拠点で情報共有を行なっていました。
良い意味でのライバル関係が出来上がり、どちらのプロジェクトチームがよりよいものをつくりあげられるかということになりました。
そのおかげで、日本側のプロジェクトチームに、より一層の一体感が生まれたことも印象的な案件です。

お客さまとの距離の近さが、仕事のやりがいにつながる。
お客さまとの距離の近さが、仕事のやりがいにつながる。
オフィスリニューアル事業部 S.A.
お客さまとの距離の近さが、仕事のやりがいにつながる。

ザックに入社した動機は何ですか?

億単位の大きなプロジェクトを中心となって動かせることです。

これまでもオフィス工事の現場管理をしていましたが、数千万円規模の案件に、下請け業者として携わっていたので、できる範囲が限られていると感じていました。
ザックでは、元請として、オフィス工事を行ない、提案時から案件に関わることができるので、お客さまとの距離が近く、裁量も大きいということが魅力でした。

また、将来的には、営業的な仕事も任せると聞いて、施工管理だけではなく、仕事の幅が広がると感じ、入社を決めました。

仕事で心がけていることはありますか?

自信を持って話す。言ったことに責任を持つ。

お客さまと接しているときは、会社の代表ということを意識しています。
あいまいな受け答えは、不要な不安を生み出してしまうこととなり、プロジェクトを円滑に進める障害になります。

常に自信を持って、責任ある発言ができるよう、技術知識を蓄積することはもちろん、社外パートナーや社内スタッフとのコミュニケーションも大切にしています。

ザックで一番印象に残っている仕事は?

入社して初めて担当した外資系企業の大規模オフィス移転です。

お客さまも不可能だと考えていたほどの短納期案件でしたが、全員が一丸となって取り組んだ結果、納期を間に合わせることができました。
夢中で仕事を進めていたので、引渡し後、1週間くらいしてやっと実感が湧いてきたことを覚えています。

また、外資系企業ならではのことだと思いますが、移転後の営業初日、オープニングレセプションにチアリーダーを呼ぶことになり、その手配も行いました。
レセプションにも参加させていただきましたが、現場にいるときよりも、お客さまと距離が近い分、ダイレクトに反応がかえってくることをとても新鮮に、嬉しく思います。
それが、自分自身の成長にもつながっています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

元気がある人でしょうか。
お客さまと、社外パートナーと、現場で、社内で、とにかく多くの人とのコミュニケーションが必要です。
建築の知識があるにこしたことはありませんが、知識なんて後からついてきます。
まずは、明るく元気に取り組める方と一緒に仕事をしたいです。

  • 採用情報
PAGETOP