無駄と失敗を未然に防ぐオフィス移転チェックリスト

無駄と失敗を未然に防ぐオフィス移転チェックリスト

オフィス移転は、重要なプロジェクト

オフィス移転は、単なる引っ越しと捉えてしまう方もいるかも知れませんがそれは違います。

新オフィスの機能や利便性、社員の働きやすさ・通勤しやすさ等は今後のビジネスの質を大きく左右します。また移転には当然コストも発生します。お金を掛ける分、それに見合った成果も求められます。そのように考えていくとオフィス移転は、ビジネスの重要なプロジェクトと捉えられます。

どんなプロジェクトも成功させていくためには、「何をいつまでに達成していくか」という項目のピックアップとスケジュールが必要になってきます。
まずは、やるべきことを書き出したオフィス移転チェックリストを作成してみましょう。

 

■移転先決定までにやっておくべきこと

オフィス移転チェックリストでまず抽出したいのは、移転先が決まるまでに進めておきたい事柄です。
まずは大きく全体を俯瞰して、移転計画の立案に関する項目をまとめましょう。プロジェクトチームの結成や移転目的、マスト項目の洗い出しなど移転プロジェクトの柱になる事柄が着手できているかどうかを、このリストでチェックしてください。

次に現オフィスの賃貸契約書についてチェックしておきたい項目をまとめます。契約の解約を予告する時期をチェックしないまま移転を行うと空家賃を払うなど余計なコストが発生する可能性があります。

その次にまとめておきたいのは移転先を決めるための確認項目のピックアップ。移転先条件や決定する際に確認するべき項目をオフィス移転チェックリストにしておきます。それぞれ下記のチェックリストの例を参考にしてください。

【計画立案のときのチェックリスト】

□ プロジェクトチーム編成
□ 移転目的の明確化と認識の共有
□ 希望スケジュール作成
□ トータル予算の把握
□ マスト条件の抽出
□ 現オフィスへの解約予告時期の確認

【現オフィスについてのチェックリスト】
□ 現オフィスの賃貸借契約書のチェック
   └ 敷金
   └ 保証金
   └ 解約予告提出のタイミング
□ 預託金の返還時期の確認
□ 物件の平面図の用意
【移転オフィス選定のときのチェックリスト】
□ 移転先条件の設定(優先順位の明確化、マスト条件の確認)
□ 物件の内覧
□ 候補ビルの比較検討
□ 契約内容の確認
□ 預託金の支払い
□ 入居申込書の提出
□ 新オフィス契約

 

■移転までにやっておくべきこと

次にオフィス移転チェックリストにまとめておきたいのは移転先が決まってから実際の移転までにやっておくべきことの項目です。これはレイアウトや業者の決定、住所変更に関する様々な社内書類の処理や法的手続き、現オフィスの引き渡しに関する準備などで必要になってきます。

名刺や社内封筒の住所変更や挨拶状、さらにOA機器や電話機の移設手配など細かい事柄が多いですが、
一つでも欠けると移転後の業務がスムーズに稼働しなくなりますので、この期間のオフィス移転チェックリストの作成は特に重要です。

【レイアウト決定のときのチェックリスト】
□ 予算組立て
□ マスト条件の抽出
□ デザインコンセプトの決定
□ レイアウト図チェック
   └ 目的に合致しているか
   └ 企業イメージに合っているか
   └ 社内的に不公平はないか
   └ 家具・什器備品に無駄はないか
   └ 電源がとりやすい位置にあるか
   └ 会議室・応接・受付などの使用イメージができるか
   └ 収納スペースは十分か
   └ リフレッシュスペースは確保されているか
   └ 更衣スペースは確保されているか
   └ 動線が使いやすいか
【工事依頼のときのチェックリスト】
□ 見積依頼する業者を確認
   ・建築内装工事業者
   ・電気工事業者
   ・設備工事業者
   ・電話LAN配線工事業者
   ・セキュリティ工事業者
   ・什器メーカー
   ・引越し業者
  など
□ 見積精査
もしくは、
□ 一括で任せられる業者に見積依頼
【工事スケジュール決定後のチェックリスト】
□ 社内への移転スケジュール告知
□ 社内への指示
□ 社内作業の割り当て
【オフィス移転に伴う社内文書作成のチェックリスト】
□ 移転挨拶状作成
□ 名刺・封筒・会社案内などの印刷物発注
   └ 封筒レターヘッド
   └ 会社案内
   └ 帳票類
   └ 名刺
   └ 社判ゴム印
   └ 住所変更シール
   └ 社員証明書の再発行
【現オフィスの退去・解約のときのチェックリスト】
□ 原状回復施工業者に見積り依頼
□ 工事請負契約書の締結
□ 物件の引渡し予定日の決定
□ 最終引渡し日確認
□ サーバーの移転日程確認
□ 引渡し日の確定・オーナー承認

 

■移転当日、移転後にやっておくべきこと

最後に紹介するのは、移転当日と移転後に必要なオフィス移転チェックリストに必要な項目です。
移転の実務については極力、委託した業者に任せ、税務署や社会保険事務所、労働基準監督署などの公的機関に関する届け出に漏れがないかのチェック項目を決めておきましょう。
新しい事務所での事業開始から10日以内など期限が設けられているものもあるので要注意です。

【移転当日や移転後の法規手続きのときのチェックリスト】

□ 鍵の受渡しの打合せができているか
□ 電話・FAX・OA機器の移設手配
 [電話・FAX]
   └ 電話回線の確保、既契約の電話の移設
   └ 旧ビルの電話撤去
   └ 電話機の選択
   └ 通信費の確認
   └ 通信手段の確認(有線・無線)
 [OA機器]
   └ リース業者への連絡

□ 法規手続き
 [法務局]
   └ 本店(支店)移転登記申請(移転日から2週間以内)
   └ 税務署へ事業年度・納税地・その他の変更異動届(移転後)
   └ 給与支払事業所等の開設・移転・廃止届(移転日から1ヶ月以内)
 [都道府県税事務所]
   └ 事業開始等申告(事業開始日から10日以内)
 [社会保険事務所]
   └ 適用事業所所在地・名称変更届(変更の日から5日以内)
 [労働基準監督署]
   └ 労働保険 名称・所在地等変更届
   └ 労働保険概算・増加概算・確定保険料申告
     (移転後、保険関係成立の日から50日以内)
   └ 労働保険関係成立届(関係が成立した日の翌日から10日以内)
   └ 労働基準法に関する適用事業報告
   └ その他の就業規則変更届
   └ 時間外労働・休日労働に関する協定届
   └ 安全管理者選任報告
   └ 産業医選任報告
 [郵便局]
   └ 転居届

 【撤去後のチェックリスト】
□ 敷金・保証金の返還
  • オフィス選定無料相談
  • コラム一覧に戻る

関連するオフィス移転コラム

オフィスのフリーアドレス~メリット・デメリット
新しいオフィスのレイアウトスタイルとして、近年注目を集めている「フリーアドレス」…
オフィス移転のお知らせ作成ガイド
オフィス移転が決まったら、2~3ヶ月前には文書で案内をしましょう。取引先やお客様…
一人当たりのオフィス面積
オフィス移転や改修などの際には、快適で生産性の高いオフィス環境づくりのために考慮…
オフィス移転マニュアル
オフィスの移転は準備段階から原状回復まで長期的な視点に立ち、全体像を把握した上で…
オフィスエントランス~デザインのポイント
オフィスエントランスは、「オフィスの顔」といわれるほど、その企業やブランドイメー…

関連するFAQ

お問い合わせ・お見積もり・オフィス移転の無料相談はこちら

お問い合わせ・お見積もり・移転のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。

0120-173-177 受付時間: 月曜~金曜 9:00~18:00

  • お見積もり
  • お問い合わせ
  • オフィス選定無料相談

オフィス相談室

一覧を見る

File.5:ショールームを有効活用したい。

1Fにあるショールームを自社のプロモーションになるように、リ…

File.4:移転をきっかけにオフィス家具にとことんこだわりたい。

せっかく移転してオフィスがきれいになるので、今まで使っていた…

File.3:ビルによって異なる工事区分

C工事だと思っていた内容の一部が、B工事であることが判明。賃…

File.2:オフィスに居ながら、リニューアル工事!?

エントランス・ミーティングルーム・リフレッシュルームとワーク…

File.1:移転をきっかけにワークスタイルの見直し

物件も決まり、デザイン・設計をお願いするタイミングで、ザック…

オフィス移転コラム

一覧を見る

オフィスのフリーアドレス~メリット・デメリット

新しいオフィスのレイアウトスタイルとして、近年注目を集めてい…

オフィス移転のお知らせ作成ガイド

オフィス移転が決まったら、2~3ヶ月前には文書で案内をしまし…

一人当たりのオフィス面積

オフィス移転や改修などの際には、快適で生産性の高いオフィス環…

オフィス移転マニュアル

オフィスの移転は準備段階から原状回復まで長期的な視点に立ち、…

オフィスエントランス~デザインのポイント

オフィスエントランスは、「オフィスの顔」といわれるほど、その…

ページトップ