効率的で的確に進めるオフィス移転のスケジュール

効率的で的確に進めるオフィス移転のスケジュール

オフィス移転は長期プロジェクトとして考える

オフィス移転のスケジュールを考えるにあたって大前提としておきたいのは、オフィス移転は長期的なプロジェクトとして考えることです。場合によっては急を要することもあるかも知れませんが、通常業務に支障をきたさず、効率的で的確に進めていくには、ある程度時間をかける必要があります。

では、オフィス移転スケジュールはどれくらいの時間を費やして行うのかが望ましいでしょうか。オフィス移転のおおまかな流れは下記の図のように進みますが、プロジェクト期間は、100坪以上で6ヶ月程度、大規模なものとなると12ヶ月程度かかる場合もあります。

 

(オフィス移転のおおまかな流れ)

 

■「100坪のオフィス=プロジェクト期間6ケ月」を例にシミュレーション

具体的にどのようなオフィス移転のスケジュールが組めるかを下記図のように6ケ月でシミュレーションしてみました。

どのタイミングで何を行い、いつ完了させるかをきちんと定めることが大切です。
物件の選定やレイアウトなど「より良いもの」を追求するあまり、ついつい時間を費やしてしまう業務も納期を決めることでダラダラと先延ばしになることを防ぐことができます。

またオフィス移転は、移転日がゴールではありません。旧オフィスを無事に引き渡し、完全に解約になる日が完了ですのでそれを考慮してオフィス移転スケジュールを組んでいきたいものです。

【6ケ月で考えたオフィス移転スケジュール】

 

■様々なタスクを同時進行で行う

オフィス移転でポイントになるのは、まずはプロジェクトチームを結成することです。
チームを結成したらオフィス移転スケジュールにそってそれぞれの役割を決め、同時進行で作業を進めていきましょう。それぞれ分担された役割に集中することで質の高い仕事ができます。

同時進行で作業を進めていく理由は、それぞれ役割分担して行う業務が数多くあり、同時に進めなければ間に合わなくなる可能性があるからです。

ただ同時進行で行うことで忘れてはいけないのが各担当者の連携です。チームリーダーが全体を把握しながら、それぞれのスタッフ同士もミーティング等で情報の共有化を図っていきたいものです。

 

■効率化のカギは、同時進行タスクの役割分担

物件選定と平行して、現オフィスの問題点の洗い出しや新オフィスのコンセプト策定、設計会社・施工会社の選定、現オフィスの解約予告など、様々なタスクを同時に進めていかなくてはいけません。

例えば、部署ごとにプロジェクトメンバーを選出し、交渉先や外注先ごとに担当者を分けると、打合せや各部署への連絡もスムーズになります。

ですが、オフィス移転担当となったものの、プロジェクトチームを結成することができない場合などは、物件選定からデザイン設計施工・引越しや原状回復までを一括で請け負ってくれる会社に依頼するのも、失敗しない効率的な方法のひとつです。

  • オフィス選定無料相談
  • コラム一覧に戻る

関連するオフィス移転コラム

快適なオフィスの作り方
オフィスの快適さとは、具体的にどのようなことを基準にしているのでしょうか。オフィ…
オフィスのコンセプト策定のポイント
コンセプト策定は、オフィス設計をする上で欠かせないことの一つです。策定する際の考…
オフィス入居工事の内容と坪単価
オフィス入居の際には、建築内装工事・設備工事・オフィス家具購入など様々な費用がか…
オフィスレイアウト・事務所レイアウトの基本
オフィスや事務所のレイアウトは、従業員の業務効率・生産性向上に直接影響を及ぼしま…
オフィスのフリーアドレスとは?~メリット・デメリット
新しいオフィスのレイアウトスタイルとして、近年注目を集めている「フリーアドレス」…
オフィス移転のお知らせ作成ガイド
オフィス移転が決まったら、2~3ヶ月前には文書で案内をしましょう。取引先やお客様…
一人当たりのオフィス面積・事務所面積
オフィスや事務所の移転・改修の際には、快適で生産性の高いオフィス環境づくりのため…
オフィス移転マニュアル
オフィスの移転は準備段階から原状回復まで長期的な視点に立ち、全体像を把握した上で…
オフィスエントランス~デザインのポイント
オフィスエントランスは、「オフィスの顔」といわれるほど、その企業やブランドイメー…
トラブルを回避するオフィスや事務所の原状回復のポイント
極端に傷つけた箇所があれば借りた側が負担することもありますが、自然に損傷したもの…
無駄と失敗を未然に防ぐオフィス移転チェックリスト
オフィス移転は、重要なプロジェクトです。項目のピックアップとスケジュールが必要に…
効率的で的確に進めるオフィス移転のスケジュール
オフィス移転を長期プロジェクトとして考えると、どれくらいの時間を費やして行うのか…
LEDライトのメリットを知って、効率よく省エネを。
オフィスのランニングコスト削減や、地球環境を考えた省エネなどの観点からも優秀なL…
アスベスト不使用もしくは、アスベスト対策が完了しているオフィスビルを選びましょう。
移転先オフィスを選定する際、必ずチェックしておきたいのが、アスベストの使用有無で…
地震に強い建物を選びましょう。
オフィスビル選びの際、建物の構造や耐震性をどのくらい重視していますか?
人にやさしいオフィス環境とは?
同じフロアであっても、オフィス内の環境は均一ではありません。まずは、オフィス内の…
オフィス移転の費用~コストシミュレーションのポイント
オフィス移転にかかる項目をすべて洗い出し、プロジェクトに必要な費用を算出します。…

関連するFAQ

お問い合わせ・お見積もり・オフィス移転の無料相談はこちら

お問い合わせ・お見積もり・移転のご相談等、何でもお気軽にご相談ください。

0120-173-177 受付時間: 月曜~金曜 9:00~18:00

  • お見積もり
  • お問い合わせ
  • オフィス選定無料相談

オフィス相談室

一覧を見る

File.5:ショールームを有効活用したい。

1Fにあるショールームを自社のプロモーションになるように、リ…

File.4:移転をきっかけにオフィス家具にとことんこだわりたい。

せっかく移転してオフィスがきれいになるので、今まで使っていた…

File.3:ビルによって異なる工事区分

C工事だと思っていた内容の一部が、B工事であることが判明。賃…

File.2:オフィスに居ながら、リニューアル工事!?

エントランス・ミーティングルーム・リフレッシュルームとワーク…

File.1:移転をきっかけにワークスタイルの見直し

物件も決まり、デザイン・設計をお願いするタイミングで、ザック…

オフィス移転コラム

一覧を見る

快適なオフィスの作り方

オフィスの快適さとは、具体的にどのようなことを基準にしている…

オフィスのコンセプト策定のポイント

コンセプト策定は、オフィス設計をする上で欠かせないことの一つ…

オフィス入居工事の内容と坪単価

オフィス入居の際には、建築内装工事・設備工事・オフィス家具購…

オフィスレイアウト・事務所レイアウトの基本

オフィスや事務所のレイアウトは、従業員の業務効率・生産性向上…

オフィスのフリーアドレスとは?~メリット・デメリット

新しいオフィスのレイアウトスタイルとして、近年注目を集めてい…

ページトップ